[AGA]男性型脱毛症。抜け毛の悩み、私が薄毛治療を始めた理由

日本人男性の4人1人が薄毛で悩む時代、街に出れば薄毛やハゲ人口の多さに安心感を覚える

半面、髪の毛がフサフサの人を見ては羨ましい気持ちになってしまう事もあります。

薄毛になる理由は、遺伝やホルモンバランスの崩れから

AGA(男性型脱毛症)になる事は有名ですが

自分が薄毛という事実を受け入れてから薄毛治療に足を踏み入れるまで

の過程を書いていきます。

薄毛で悩んでる人の為になれば幸いです。

私が薄毛治療を始めた理由

M字禿げや頭頂部のつむじハゲのダブルパンチで悩んでいた

元々デコッパチというかオデコが広かった

[デコハゲ]M字禿げ、前髪が減ってしまう理由と対処法とは

中学生くらいの思春期から

前頭部のM字部分の髪が薄い事で悩み、デコハゲとM字禿げを隠すために外出時は

帽子を着用する事が多かった、とは言っても人付き合いがうまくできなかった事から

中学はほとんど不登校で行ってないので、たまに家を出る時に帽子を被る事が多かった感じ。

思えばこの頃は、不登校の事やアトピーの事や薄毛の事で色々悩み、ストレスをたくさん

溜め込んでいたんだと今では思う。それがまた薄毛の進行を加速させていたのかもしれない。

自分に自信がなく、人の目を人一倍気にしていた

親も薄毛な事もあり、中学時代からこのまま薄毛になっていくのかなぁと思っていたんだけど

当時はパソコンも普及していなく、ガラケーがやっとの時代だったので薄毛情報を調べる術など図書館での本を読むくらいしかなく、情報量が圧倒的に少なかった。

なので思春期が終わると、髪を短くしたり、ヘアカラーしたりとお洒落に目覚めるようになる。

自分に自信がなかったので少しでも前向きになりたい

今の自分から変わりたいという強い気持ちがあったんだと思う。

友人に薄くなってない?と指摘される

時は立ち、30代に入ると職場の人や、友達に頭頂部のつむじ部分の薄さを指摘される事が

増え、忘れていた薄毛の悩み病が再発する。

もちろんそれまでにも自分自身で鏡を見てはM字禿げの部分が少しずつ後退しているような

気がして悩んでは忘れを繰り返していたが

自分の思い過ごしだろうと考えないようにしていた。

だがやはり、周りの人に言われると嫌でも気になってしまう。

そしてその頃ストレスの増加からかタバコを吸い始める。

これも頭皮にとってはよくない事なんだろうけど現実逃避をしたくてスパスパ吸ってました。

気づけば抜け毛の量が増え、頭頂部のつむじ部分が明らかに薄くなっている事に・・

この頃にやっと薄毛対策をしなければと思い、スマホで調べ始めます。

そして自分がAGAの典型的な症状である事

進行がはじまって時間が経過してる事などわかりました。

抜け毛を見ては凹み、薄毛箇所を見てはダメージを受ける事に疲れた

AGA(男性型脱毛症)である事がわかったら、薄毛の進行図なるものを見てみると

ⅢVertex型である事わかる。

出典:Norwood O T. South Med J 1975; 68(11): 1359-1365

自分がどうなっていくかが画像でわかるので、それを想像すると

なんとかしなければ、まだ結婚もしてないのにこのままでは

ただ禿げちらかすだけだ、と思いこのハゲライフを立ち上げ

薄毛の情報を調べまくると同時にフィナステリドやサプリメントなどの服用を始める。

薬を服用し始めて2,3カ月たった頃から抜け毛はかなり改善された。

[FinaLIoyd]フィナロイド体験記 プロペシアジェネリックを3カ月使ってみた結果

[FinaLIoyd]フィナロイドの発毛剤としての効果は?【薄毛対策】

頭頂部の薄毛部分はあまり変わってないし、M字禿げ部分もそこまで変わってないので

進行を食い止めているといった感じ。

理想を言えば発毛効果が高い、ミノキシジルを使いたいんだけど

現状で服用している薬がかなり多いのでこれ以上薬を増やしたくないと

言うのがミノキシジルを服用しない一番の理由です。

アトピーの薬、喘息の薬、育毛の薬とどの薬も、副作用があるし

アトピーに関してはかなりの重度で「セレスタミン」を毎日服用しないと

寝たきり状態で動けなくなるので、やめられない状態だ。

なので今現状AGAの進行を食い止める事が出来ているならば

生活習慣の改善や薬以外で発毛を促す事を取り入れるよう実践中。

もちろんタバコもやめたし、ストレスを溜めないように

適度な運動や良質な睡眠を心がけたりしています。

ハゲライフ管理人が服用している薬

アトピー治療で「セレスタミン」

AGA薄毛治療で「フィナロイド」

他サプリ、喘息が出た場合は吸入等

少しでも前向きになりたい思いから薄毛治療を始める

薄毛治療を始めた1番の理由は、親に心配かけたくないというものでした。

とっても優しい両親なので、私自身が薄毛で悩んでいるという事を知れば

同じように悩ませてしまうと思ったから、とにかくAGAの進行を止めなければと

思ったんですね。

もちろんそれ以外にも、お洒落をもっとしたいとか、人の目を気にせず温泉とかプールとか行きたいとか、少しでも前向きに人生を歩みたいという理由もあるんですけどね。

坊主が似合う人や、抜け毛が目立ちAGAの進行が始まったら潔く坊主にする人も多いですね。

今の所、薬の副作用で重大なものは感じていないので、服用が厳しくなれば坊主にする事も

考えてフィナステリドのみを服用していく予定です。

薄毛、抜け毛で悩んでいる人は早めの薄毛治療をお勧めしますよ。

私自身、薄毛である事に気づいていたはずが見て見ぬフリをして30代まで

対策せずにやってきたので、もっと早くから薄毛治療をしていれば

今とは違った結果になっていたかなと思う事があります。

時代は進んで、AGA治療薬もリーズナブルになってきてますし、粉シャンプーや

生活習慣の改善でもAGAの進行を止める事もできるみたいですからね。

まとめ

薄毛の悩みは人に相談しにくいものです、かと言って一人で悩んで

対策せずに毎日を過ごしていてもAGAの進行は止まりません。

スマホやパソコンで自身の薄毛や抜け毛の状態を調べる事から始め

髪に良いとされる事を取り入れたり発毛剤や育毛剤の使用をしていく事で

元気な髪の毛を取り戻していきましょう。

[抜け毛]頭髪を守る為に今からすぐに出来る事12選

[毛根]抜け毛の見た目で髪の健康状態がわかるって本当?

フォローする