[薄毛パーマ]ヘアカラーは危険!頭皮に優しいハゲ隠し3選!

薄毛を隠す為に金髪にヘアカラーしたり、ボリュームを出す為にパーマをしてみようかなと思ってる人も多いのでは?

私も頭頂部ハゲを隠す為にパーマを当ててボリュームを出したいと迷っていたので気持ちはとてもわかります。

てすが薄毛パーマやヘアカラーによる頭皮へのダメージは避けられません。

薄毛対策としてヘアカラー、パーマというのは危険です。

これからも薄毛と付き合って行くと決めた人ならヘアカラーやヘアパーマも有ですが

頭皮環境を見直して薄毛治療をして行こうと思うなら、薄毛パーマやヘアカラーは

我慢したいところですね。

それではヘアパーマやヘアカラーが危険というのは

何が原因なのでしょうか?

ヘアパーマ、ヘアカラーが頭皮に与えるダメージとは?

ヘアカラーとヘアパーマの薬剤の怖さ

パーマ液もカラー液も髪の中に薬剤を浸透させてケラチンを破壊し、再度くっつける事で色を変えたり、パーマをかけています。

髪の構造は下図のように3層になっています

上図のようにキューティクル→コルテックス→メデュラという層で順に覆われています。海苔巻きのようなイメージですね!

ヘアカラー、パーマをする際は一番外の層にあるキューティクルをこじ開けて

中にあるコルテックスに薬剤を浸透させメラニン色素(髪を黒色にしてくれる役割)を破壊し、修復する過程でパーマをかけたり、ヘアカラーの色を入れたりするわけです。

まずこの工程だけでも髪、頭皮に対してのダメージは大きいです。

キューティクルを開く事で中のコルテックスにある髪の生成に必要なケラチン(タンパク質)が流れでてしまい、痛みの元になってしまいます。

カラー液やパーマ液はキューティクルに対してダメージを与え続け、保護能力を奪ってしまうんです。

キューティクルの元々の役割は、コルテックス中にある大切な髪の成分タンパク質水分こぼさない様にしっかり守る効果と、髪の毛にツヤを与えてくれる役割持っているんです。

そして上図のように中の水分を失ったキューティクルは、うまくツヤを出すことができず

痛んだ髪となってしまうのです。

この状態をカバーする為にはヘアカラーやパーマの後にトリートメントで疑似的に潤いを与えるのですが、髪の構造上一度失われた水分は新生毛(新しい髪の毛)が生えてくるまで復活しません。

その為痛んだ髪の毛は毛先のみ切ったりしますよね?

一度痛んでしまうと、元の状態には戻れないというのがヘアカラー

ヘアパーマと怖い所だと思います。

もちろんお洒落の為や、薄毛を目立たなくする為に

金髪パーマや、ナチュラルパーマでボリュームをだしたりというのも

薄毛を隠すストレスから解放されるにはお勧めされる方法かもしれませんが

長い目で見ると抜け毛、薄毛の元になってしまうんです。

その理由は、カラーリング剤やパーマ剤には髪の毛のキューティクルを弱らせ、剥がれやすくしてしまうので、髪の毛の抵抗力が弱くなってしまうんです。

結果、紫外線のダメージを受けやすくなってしまったり、元気な髪の毛が生えいにくい頭皮状態になってしまうという訳です。

[抜け毛]紫外線には要注意!!すぐにできる対策法5選!
紫外線と言えば夏の初め5月から7月が一番多いって知ってました? 真夏の7~8月に暑さを感じてから紫外線対策をしても少し遅いんですね。 ...
その事からも薄毛を隠すために、パーマヘアカラーはお勧めしません。

薄毛とずっと付き合っていく覚悟でしたら、いいですが薄毛改善を目指すのであれば

頭皮に対して刺激の少ない方法で薄毛をカモフラージュして

髪に良い生活習慣+育毛剤、発毛剤で元気な髪を取り戻していきましょう。

髪の構造について詳しくは下記記事で

[毛髪]髪の毛の構造と成分、その役割とは?
髪の毛って当たり前のように生えてきて、抜けていくけど 実際どういう構造で何を成分として作られているんだろう? 知らなくても良い事...

頭皮に優しいハゲ隠し3選

ヘアカラーやヘアパーマも薄毛、ハゲを隠すためには効果的ですが

カラー剤、パーマ剤が髪に対して与えるダメージは想像以上に強いものです。

髪の毛がフサフサでツヤがある人でもヘアカラーやヘアパーマを繰り返してしまうと

痛んだパサパサヘアーになってしまうように、カラー剤やパーマ剤というのは

髪の毛の中に無理やり薬剤を流し込み、メラニン色素を破壊して色を変えたり

パーマあてる事から頭皮に対して悪影響を与えてしまうんですね。

それでは、ヘアカラー、ヘアパーマ以外で薄毛をカモフラージュするには何がお勧めなの?

⓵帽子を被ってお洒落に薄毛カモフラージュ

一番簡単で、なおかつお洒落もできる方法です。

種類がたくさんある事からも季節によって使い分けができますし

い夏はハットやキャップ、寒い冬はニット帽という風にオールシーズン

薄毛を隠してお洒落を楽しめます。

注意ポイントは夏場などは蒸れや、圧迫感から頭皮状態を悪化させること事もあるのでサイズ感のあった帽子選び、通気性のいい帽子選びが大切になってきます。

帽子好きにハゲが多いって本当?実は知らない正しい帽子の被り方とは
こんにちはハゲ男です。 お洒落をする為に、頭を守る為に はたまた薄毛を隠すために、帽子は人生において切っても切り離せないアイテム...

⓶坊主カット、ショートヘアでカモフラージュ

薄毛を隠すために、最強無敵のカモフラージュは間違いなく坊主ヘアです。

正直自分が薄毛である事を忘れてしまうレベルです。

また薄毛対策、薄毛治療にも優れていて頭皮マッサージがしやすかったり

頭皮を清潔に保てたり、メリットは様々です。

その他にもベリーショートやソフトモヒカンと、薄毛をカモフラージュできる

ヘアスタイルは様々です。

詳しくは下記記事で

坊主カットで前向きに薄毛対策<画像付>若ハゲに負けない!
遺伝や、ホルモンバランスの崩れで早い人は10代から薄毛になってしまう「若ハゲ」 思春期に抜け毛が増えて、頭頂部が透けて見えたり、M字禿げだ...

③カツラ、ウィッグで変身してしまう

ひと昔前のカツラ、ウィッグは素材のせいもあり

一目で「着けてるなぁ」というのがわかりましたが

最近のカツラ、ウィッグは技術も上がり自分で見ても本当の髪の毛に見えてしまう

ほどに細かく設計されています。

ズレない、蒸れない、外れない!正しいカツラの選び方で有名なスヴェンソン



まとめ

薄毛治療をしている人、薄毛を治したいと思っている人が

薄毛部分を隠したいと思うのは当然の事です。

その方法の一つとしてヘアカラーヘアパーマがありますが

頭皮に対するダメージ、髪に対するダメージを考えると

元気な髪の毛を生やす為にはマイナスになってしまう効果が多く

薄毛と付き合っていく覚悟がある人以外にはお勧めできません。

なので頭皮に優しく、薄毛を隠せる方法として

帽子をかぶってカモフラージュするカツラをかぶって変身する方法、坊主ヘア、ショートヘアで目立たなくする方法をご紹介しました。

薄毛のストレスを減らして、薄毛を治していきましょう。

シェアする

フォローする