良質な睡眠で成長ホルモンを分泌して髪の毛を育てよう!

人は眠っている間に体の様々な箇所が修復します。

怪我をしていても寝て起きたらカサブタになってたりしますよね!

それと同じで髪の毛も寝ている時に生えています。

成長ホルモンが寝ている間に分泌され、頭皮に働きかけてるというわけですね。

睡眠による体のケアには

働いた脳の疲れ、体の疲れを癒してくれる。

仕事でたまったストレス、不安な気持ちを落ち着けてくれる。

成長ホルモンの分泌により、体の様々な場所髪や肌など、修復、活性してくれる。

睡眠不足が続くと疲れやすい体になってしまったりストレスが溜まりやすくなったり体調が悪くなったりと、様々な悪影響が起こりやすいんです。

成長ホルモンの働きとはどんなもの?

良質な睡眠で成長ホルモンを分泌する事が大切な事はわかりましたが

成長ホルモンの働きとは、どんな効果があるのでしょう?

皮膚や髪の毛を作る 傷、怪我を修復 血圧を下げる 脂肪の代謝を促す
 筋肉の量を保つ 精神状態を保つ 生殖機能を保つ 免疫機能を保つ

上記は一部で他にも成長ホルモンの働きはたくさんありますが、いかに深い眠りで

成長ホルモンの分泌を促す事が大切かわかりますね。

それでは良質な睡眠で成長ホルモンをたくさん分泌する為には

どんな事が効果的か見ていきましょう。

良質な睡眠とは?

良質な睡眠は

毛母細胞の活性化に繋がり新陳代謝が促され髪の毛が育ちやすい環境になるんですね。

眠りに落ちてから最初の3時間にもっとも成長ホルモンが分泌されると言われています。

睡眠は一般的に浅い睡眠「レム睡眠」深い睡眠「ノンレム睡眠」

の二つを交互に繰り返します。

この二つのうち成長ホルモンが分泌されやすいのは「ノンレム睡眠」なので

最初の3時間でいかに「ノンレム睡眠」状態になれるかが成長ホルモンをより多く

分泌するためのカギとなるわけです。

成長ホルモンをしっかり分泌する為には

生活のリズムを整えて、毎日同じ時間に眠りにつくようにする。

成長ホルモンを多く分泌する為に必要な事は

眠りについた最初の3時間に深い眠りにつけるかどうかがカギです。

毎日同じ時間に眠りににつく事で体にサインを送ってあげるのです。

習慣化というのはとても大切で、毎日11時に寝て5時に起きる日が続けば

自然と11時には眠くなっていくものです。

就寝前にヨガ、ストレッチをする

眠りにつく前の軽いストレッチは深い睡眠に効果的なんです。

体にリラックス効果を与え、緊張をほぐしてくれるストレッチ。

また、筋肉を暖める事で血流がスムーズになり、自然な眠りに入れます。

軽いストレッチは自律神経を整えてくれるので良質な睡眠にはもってこいなのです。

寝る前の体内浄化で深い眠りに、布団の上で、ベッドの上で心地よくストレッチ

下記画像をクリックでユーチューブでストレッチ方法が見れます

寝る前3時間はご飯を食べない

晩御飯を食べて終わってから、胃腸の働きが落ち着くまで3時間ほどかかります。

満腹感は眠気を誘いますが、食後すぐ眠ってしまうと胃が消化活動の為に働き続ける為

深い眠りに入りにくいのです、その事からも良質な睡眠を得る為には食後3時間は開けた方が

胃腸の活動も落ち着き、空腹感もなく安眠できるというわけなんですね。

満腹感は胃腸がフル稼働するので安眠の敵ですが、逆に空腹感が強くても

寝れないっていう人も多いですね。

そうならない為にも晩御飯時にバランスのとれた栄養素を摂取し水分補給をしっかりしておく事が大切です。

水分不足や栄養不足によって空腹感を感じる事も多いです。

しかし寝る前に水分をとってしまうと夜中にトイレに行きたくなってしまう事もあるので

理想はバランスのとれた晩飯時にしっかりと水分補給をしておく事です。

頭皮に栄養を送って髪の毛を元気にしよう!お勧め食材とは?
元気な髪を維持する為には、食生活が基本となります。 偏った食事では頭皮に栄養素が上手く運ばれず そんな食生活が続けば 抜け...

就寝前にスマホやゲームなどで眼に刺激を与えない

スマホはどこでも持ち運べる事からも、就寝前に布団の中、ベッド中で

動画を見たり、ラインをしたりという人も多いのではないでしょうか?

その習慣は深い眠りの妨げになるんです。

スマホやパソコンの画面が放つ「ブルーライト」は光の中でも一番強いエネルギーを発していて目への負担も大きいのです。

ブルーライトを長時間見てしまうと、肩コリの元になったり、眼精疲労に繋がってしまったりと悪影響を起こしてしまいます。

そしてブルーライトの刺激は安眠に必要な「メラトニン」というホルモンの分泌を抑えてしまう為、快適な眠りに入れない体になってしまうのです。

※メラトニンとは

日中、強い光を浴びるとメラトニンの分泌は減少し、夜、暗くなってくると分泌量が増える。メラトニンが脈拍・体温・血圧などを低下させることで睡眠の準備が出来たと体が認識し、睡眠に向かわせる作用がある。

出典:ウィキペディア

リラックス効果があるアロマやBGMなどをとりいれる

いい匂い香りによっても深い眠りに入れる効果があるので

アロマで室内を好きな香りにする事も効果的です。

アロマの香りは自律神経のバランスを整え、副交感神経が優位になり、その事から

身体の緊張をほぐし、気持ちが落ち着いてリラックスできるんです。

快眠にお勧めなアロマはラベンダーが有名ですね。

フローラルな香りで、緊張やストレスを和らげくれる効果をもっています。

また、人によっては無音の方が寝れるという人もいますが

ヒーリングミュージックや、自分が好きな香りの中の方がリラックスして

深い眠りにつける人もいます。

副交感神経が優位になるBGMはリラックス効果があるので、深い眠りに誘ってくれます。

ユーチューブなどで「安眠 BGM」と入れて検索すれば様々なヒーリングミュージックがあるので、お勧めです。

就寝90分前にはお風呂に入る事で安眠に導く

入浴後、体の温度が少しずつ下がっていきますね。

ここに自然な眠りに誘う安眠作用があるんです。

お風呂に入ると体温が少し上昇します。

体温が上昇すると体が温度を下げようと働いて約90分かけて元に戻ります。

この体温が下がっていく過程で深い眠りに落ちれるのです。

体温が高いと眠りにくいですよね。

人間は体温が下がると眠くなります、雪山などで体が冷えて眠くなるというのは聞いた事ないですか?

あれと同じで良い眠気を誘う為には「深部体温」の低下が大切なんです。

※深部体温とは

身体の内部体温の事で周囲の環境の温度に影響を受けにくい

お風呂に入らなくても、日中から夜にかけて自然と「深部体温」は下がりますが

より効果的にリラックス効果も得て「深部体温」を下げる為にお風呂が効果的なんですね。

季節によって寝やすい室温コントロール

快適に眠りにつくためには室内の温度もとても重要です。

春や秋など室温コントロールがしやすい時期はいいですが

夏や冬など、暖房、扇風機など空調をしっかり使って

快適な室温を作る事も深い眠りにつく為には必要です。

暑くて寝れない、寒くて寝れないという環境は深い眠りの敵です。

快適な室温、湿度を保ち安眠できるスペースを確保しましょう。

就寝前のカフェイン、お酒は深い眠りの妨げになるので要注意

就寝前のお酒も、食事と同じで体内でアルコールを分解する為に肝臓が働くので

深い眠りに入れないんです。

またコーヒーなどに含まれるカフェインが興奮剤である事はご存知ですか?

就寝前のコーヒーなどのカフェイン摂取は深い眠りの妨げになります。

コーヒー以外にも玉露緑茶などにも含まれているカフェインなので就寝前にどうしても

喉が渇いてしまう場合はカフェインのない飲み物にしましょう。

頭皮環境を整えるには就寝前のしっかりとした洗髪が大事

また深い眠りで成長ホルモンを促し、頭皮環境を整える為には

就寝前に頭皮を清潔にしておく事も大切です。

その為には正しい洗髪方法で頭皮ケアをしていく事も重要です。

また洗髪時の水温や水質なども頭皮にとって様々な影響を与えます、それらの事にも

気を遣う事で、より良い頭皮環境での就寝を心がけましょう。

正しい髪の洗い方で頭皮を守ろう!洗髪の手順を徹底解説!
洗髪をする理由を知っていますか? 習慣、汚れを落とす為、痒み防止、髪の痛み防止 など様々な理由があると思います。 上記の中でも習慣...
洗髪に優しい温度と水質で頭皮に必要な皮脂を守ろう!
洗髪をする時に髪に優しい適温、水質があるという事を知ってましたか?? 髪を洗う時の温度が高すぎても、低すぎても頭皮に対して刺激を与え ダ...

まとめ

深い睡眠「ノンレム睡眠」で成長ホルモンの分泌を促すことが大切という事がわかりましたね。

深い眠りにつくためには、ストレッチ

リラックス効果、就寝前のスマホを見ないなど様々です。

また習慣化していく事で決まった時間に眠りに入りやすいので

生活リズムの見直しも良質な睡眠の為には必要ですね

良質な睡眠で、成長ホルモンを分泌して髪の毛を元気にしていけたらいいですね!

フォローする