[毛髪の悩み]髪がチリチリに・・その理由と改善方法とは?

髪の毛が痛みでチリチリになってしまったという

経験がある人も多いのでないでしょうか?

チリチリの髪の毛は広がってボリューム感を感じてしまったり

痛んで見える事から改善法を探してたどり着いた方も少なくないはずです。

それではなぜ髪の毛はチリチリになってしまうのでしょうか?

チリチリの髪になってしまう様々な理由とは

シャンプーのすすぎ残し

洗髪時に、シャンプーのすすぎ残しがあると

痒みの元から炎症に繋がって頭皮状態を悪化させる原因の一つになります。

また皮脂のバランスを崩してしまい、フケやかゆみに繋がってしまう事もあるのです。

それらの皮脂のバランスが崩れると、毛根に皮脂がつまってチリチリ毛に繋がったり炎症から頭皮状態に荒れが広がりチリチリ毛になってしまう事もあるんです。

カラーやパーマ、ブリーチによる痛みが理由

一番チリチリ毛に多いと思われるのが

ブリーチやヘアカラーパーマによる痛みです。

髪の毛の構造というのは下図のように

3つの層に解れており、髪が痛んでしまうと髪の毛の主成分とも言われるタンパク質が詰まっているコルテックス(上記図参照)から栄養素が流れ落ちてしまうのです。

タンパク質は髪の毛の成分おおよそ90%を占めている為、髪が痛む事で栄養素をうまく取り込めなくなってしまうんですね。

その結果髪が弱弱しくチリチリになってしまうという訳です。

髪の構造について詳しくは下記記事で

[毛髪]髪の毛の構造と成分、その役割とは?
髪の毛って当たり前のように生えてきて、抜けていくけど 実際どういう構造で何を成分として作られているんだろう? 知らなくても良い事...

年齢を重ねる事によりホルモンバランスの崩れ

40代に入ると、女性ホルモンの分泌は減少していきます。

その事からホルモンバランスが崩れ、髪質が悪化をしてしまう可能性もでてくるです。

加齢によって皮膚がたるんでしまう、頭皮も同じようにたるみ毛穴の形が変わってしまい

チリチリの毛が生えてくる事もあるんです。

ストレス

頭皮環境にストレスが与えるダメージも忘れてはいけません。

ストレスを溜め込むと自律神経の乱れを起こしやすいというのは聞いた事が多い人もいるのではないでしょうか?

この自律神経が乱れてしまうと、血行不良を起こしやすく

その結果栄養素が頭皮にうまく運ばれず、元気な髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

詳しくは下記記事で書いています。

[脱毛症]ストレスから抜け毛の理由と対策方法
世の中はストレス社会と呼ばれ 仕事によるストレス 人間関係によるストレス 体の不調によるストレス 日々の生活の中には様々なストレスの...

紫外線

紫外線のダメージが頭皮に蓄積してしまいチリチリ毛になってしまう事もあります。

髪の毛を構成しているアミノ酸を別の物質に変えてしまう紫外線。

紫外線が髪の内側まで浸透してしまうと髪がバランスを崩し表面を

守っている※キューティクル(上図参照)が傷ついてしまうのです。

上手のように髪がダメージを受けると

キューティクルがめくれてきて、中にあるタンパク質が流れ出てしまい、その結果うねりが生じチリチリ毛になってしまうのです。

[抜け毛]紫外線には要注意!!すぐにできる対策法5選!
紫外線と言えば夏の初め5月から7月が一番多いって知ってました? 真夏の7~8月に暑さを感じてから紫外線対策をしても少し遅いんですね。 ...

髪への栄養不足でチリチリ毛に・・

食生活は体作りの基本です。

その事からのダイエットや偏食が原因でチリチリ毛になってしまう人もいるんです。

元気な髪の毛には栄養素がしっかり詰まって生えてきますが髪に必要な栄養が不足してしまうと弱弱しいチリ毛になってしまうのです。

チリ毛を改善する為にすぐに出来る事

栄養分をしっかり摂取する

まず皮脂を増やして血管の詰まりの元になりやすいファーストフードやインスタント食品、スナック菓子などの食べすぎを控えましょう。

そして髪の毛に良いとされている栄養素

タンパク質、ミネラル、ビタミンを積極的に摂取していきましょう。

その他にも水分補給をしっかりする事で新陳代謝を活発にし

頭皮に潤いを与える事も大切です。

また髪の毛の主成分となるタンパク質の働きをサポートしてくれる亜鉛やビタミンB群の摂取で元気な髪の毛作りが出来る栄養素を補いましょう!

詳しくは下記の記事で書いています。

頭皮に栄養を送って髪の毛を元気にしよう!お勧め食材とは?
元気な髪を維持する為には、食生活が基本となります。 偏った食事では頭皮に栄養素が上手く運ばれず そんな食生活が続けば 抜け...

正しい洗髪法で皮脂を落としすぎない

髪の洗い方は、皮脂のコントロールをする上でも重要です。適切な洗髪温度は38℃という事はご存知ですか?

40℃を超える水温では、皮脂を必要以上に落としてしまったり

逆に35℃以下の水温では血行不良に繋がったりと温度一つで

髪のバランスが乱れてしまうのです。

またシャンプーのすすぎ残しも、痒みの元になり炎症を招きます。

その事から頭皮環境が悪化してしまう恐れがあるのですすぎは念入りにが大切です。

詳しくは髪の洗い方を下記の記事でまとめています。

正しい髪の洗い方で頭皮を守ろう!洗髪の手順を徹底解説!
洗髪をする理由を知っていますか? 習慣、汚れを落とす為、痒み防止、髪の痛み防止 など様々な理由があると思います。 上記の中でも習慣...
洗髪に優しい温度と水質で頭皮に必要な皮脂を守ろう!
洗髪をする時に髪に優しい適温、水質があるという事を知ってましたか?? 髪を洗う時の温度が高すぎても、低すぎても頭皮に対して刺激を与え ダ...

コンディショナーやトリートメントで痛んだ髪を保護してあげる

ヘアカラーやブリーチでチリチリに痛んでしまった髪の毛をフォローしてくれるのがコンディショナーやトリートメントです。

チリチリ毛は油分不足が原因ですのでシャンプー後、髪の毛の表面にコンディショナーやトリートメントで潤いの膜を与えてやる事が重要です。

チリチリ毛には洗い流さないタイプのトリートメントも有効です。

使うタイミングは洗髪が終わりタオルドライの後がお勧めです。

髪の毛に水分を多く含んだ状態ではトリートメントの効果が半減してしまうし、

髪になじみずらく成分が浸透しにくいのです。

洗い流さないトリートメントは主にチリチリが激しい毛先から
揉み込むように付けましょう。
毛先からチリチリ毛が目立つ所まで馴染ませていきます。
最後に頭皮につかないように注意して全体に馴染ませたら
ドライヤーで乾かしましょう。

頭皮にトリートメントがついてしまうと、毛穴に詰まり頭皮に悪影響を与えてしまう可能性があるので要注意です。

 ミルボン ディーセス エルジューダMO 120ml

洗い流さないトリートメントオイルです。

男女兼用、髪質が硬く動かしにくい髪に。

髪に適度なやわらかさをプラスして

よりスマートに落ち着いたシルエットに整えます。

オリーブスクワランが髪をやわらかくすることで

硬くて動きにくい髪もしなやかに動く髪へ。

髪質が硬く動かしにくい髪に。

やわらかくなる力を自然に高め、よりスマートに落ち着いたシルエットに整えます。

髪に適度なやわらかさをプラスします。

オリーブスクワランが髪の内部のやわらかくすることで

硬くて動きにくい髪もしなやかで動かしやすい状態に整えます。

良質な睡眠

髪の毛は寝ている間に修復しています。頭皮の炎症や、新しい髪の毛が生えてくるのも睡眠中が多いので良質な睡眠を心がける事は頭皮にとっても効果的なのです。

頭皮を守る為に今すぐ出来る12選も併用する事で

チリチリ毛から元気な髪の毛にしていきましょう。

[抜け毛]頭髪を守る為に今からすぐに出来る事12選
まず「頭髪とうはつ」とはあたまに生える髪の毛の事です。 「頭皮」「髪の毛」「頭」「体」 と頭髪を守る為には髪の毛の毛先から体全体...

まとめ

髪がチリチリになってしまう理由としては

外からくる痛み、パーマやブリーチ、紫外線など
そして内側からくる痛み、食生活やストレスの溜めすぎなど

それらの原因を一つずつ改善していく事で元気な髪の毛に導いて行きましょう。

フォローする