[脱毛症]ストレスから抜け毛の理由と対策方法

世の中はストレス社会と呼ばれ

仕事によるストレス
人間関係によるストレス
体の不調によるストレス

日々の生活の中には様々なストレスの元が隠れています。

そしてストレスが与える

体へのダメージは頭皮にも表れ抜け毛に繋がってしまう事

もあるのです。

ストレスの種類

日常で感じるストレスの中でも精神から来るもの

身体から来るものに分類されます。

精神的ストレス

ストレスと言えば主に精神的ストレスの方が溜め込みやすい傾向にあります。

職場での人間関係であったり、家族や友人との悩み事や心配事の

積み重ねでストレスを溜めてしまう事はよくありますね。

身体的ストレス

逆に身体的ストレスとは、体の外から刺激を受ける事により怪我をしてしまったり

元々の持病でのストレスを感じてしまう事や

目が悪くて遠くが見えない事によるストレスなど

そういう体に対してかかるストレスが身体的ストレスです。

総合的なストレス

精神的なストレスも身体的なストレスも溜めすぎる事で

体に負担になりダメージの元となるので

ストレスを感じている場合は早急に原因を突き止め発散をしていく事が大切です。

しかし、仕事でのストレスや家族間でのストレスという

精神的なストレスというのは簡単には解決できないケースも多く

その事からストレスを蓄積し体へ負担をかけてしまうケースが少なくありません。

逆に身体的なストレスの場合

目が見えにくければ眼鏡をかけたり、持病があれば薬を飲んだりと対処法が用意されてるのでストレスを感じても、すぐ発散出来る事が多いです。

しかし精神的なストレスの場合は、原因が自分一人ではどうしようもない事がある為

溜め込んでしまい、ストレスから抜け毛に繋がってしまう事もあるようです。

それでは何故ストレスが抜け毛に繋がってしまうのでしょうか?

ストレスが抜け毛に繋がる理由

自律神経の乱れ

ストレスを溜め込むと自律神経の乱れを招きます。

自立神経には、呼吸や代謝、体温調節、内臓機能、ホルモンバランスと人間の体の様々な役割に関係しています。

そして自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがバランスを取って働いています。

交感神経は活動中や、緊張、ストレスを感じている時に主に働く。
副交感神経はリラックスをしている時、休息している時に働く。

この事からも2つのバランスが重要である事がわかりますね。

しかしストレスを常に感じ交感神経の方にバランスが傾くと

体に様々な悪影響を与えてしまうのです。

こうした自律神経の乱れにより起こりうる症状は下記のようなものがあります。

抜け毛 栄養不足 血行不良
肌の荒れ 低血圧 動悸

血管が収縮して血行が悪くなってしまうと必要な栄養素が

毛根にうまく運ばれず髪の毛が弱ってしまい、抜け毛に繋がってしまいます。

亜鉛不足になる

ストレスを溜め込むと、亜鉛を消費して自律神経の働きを正常に保とうとします。

亜鉛は髪の毛作りをサポートする大切な栄養素の一つなので

ストレスで亜鉛を消費してしまうと髪の毛作りをサポートする分の

亜鉛が不足してしまい結果抜け毛となってしまうのです。

また、髪の毛はヘアサイクルをグルグル回って生えて抜けてを繰り返しています。

通常のヘアサイクルの場合2~5年ほどで1サイクルですが

亜鉛が不足してしまうと、そのヘアサイクルに悪影響を与えてしまう事もあるのです。

薄毛の原因の一つにAGA(男性型脱毛症)があってその原因は

男性ホルモン(テストステロン)が変換酵素「5αリダクターゼ」の影響で

薄毛の元である「ジヒドロテストステロン」に変わってしまうのですが亜鉛をしっかり

補っていれば「5αリダクターゼ」の分泌を制御できるという訳です。

逆に亜鉛不足になってしまうと、抑制する力が弱まり、薄毛の元「ジヒドロテストステロン」

が増えてしまい抜け毛に繋がってしまうという事です。

詳しくはこちら。

[薄毛]の源?AGA(エージーエー)って何の事?
こんにちは、ハゲ男です。 薄毛で悩みを抱えている人ならば一度は聞いた事あるこの「AGA」と言う言葉 実際はどういう意味なんだろう...

ストレスが原因の抜け毛症状

AGA(男性型脱毛症)

男性の約3割が発症する可能性があると言われるAGA(男性型脱毛症)ですが

ストレスから自律神経のバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの分泌が増え

その結果AGAの原因の「ジヒドロテストステロン」が

増加しAGAの進行を加速させてしまう恐れがあるのです

一般的にAGAが発症するのは

ホルモンバランスの崩れ、遺伝の2つが

大きく影響していると言われています。

[薄毛]遺伝か隔世遺伝でも髪の毛は生えてくるの?
こんにちはハゲ男です。 結論から言うと遺伝で薄毛やハゲになっていても、髪の毛は生えてきます。 それでは何を遺伝して薄毛になり、何を隔...

円形脱毛症

円形脱毛症と言えば誰もが聞いた事がある脱毛症ではないでしょうか?

「10円ハゲ」などで悩んだ方もいると思います。

症状は名前の通りに、10円玉から500円玉ほどの円形の脱毛症です。

基本的に1年もかからずに自然治癒する事が多いのが特徴で

原因はストレスから来るものが多いと言われていますが

実際には解明されていません。

その為、早く治したいと思っても具体的に治療法はなく

自然治癒に身を委ねてしまうケースが少なくないです。

軽度の場合は10円ほどの目立たない脱毛ですが

重度になると範囲が広がり全体的に脱毛する事もあり

髪の毛に留まらず眉毛までも抜けて落ちるケースもあるようです。

軽度でしたらストレスや原因を取り除き自然治癒でも問題ないですが重度の場合は、すぐに頭皮専門のクリニックで見てもらう事をお勧めします。

また軽度でも気になる場合は専門の医師に診てもらう事で早く治療できる場合もあるので

頭皮専門のクリニックが近くになければ皮膚科の先生に診てもらいましょう。

抜毛症

あまり聞きなれない症状かもしれませんが、抜毛症(ばつもうしょう)という症状は

女性に多い事で有名です。

過度のストレスが原因で無意識に髪の毛を引き抜いてしまうという事があるようです。

また抜毛症は効き手で抜いてしまう事が多い為、効き手が届く範囲内での抜け毛が目立つ事が多いです。

対処方はストレスの改善が何より大事ですが、精神科医や皮膚科医に相談して

適切な治療方法を相談するのが近道です。

ストレスを溜め込まない方法

ストレスを溜め込まない為には生活習慣の見直しがお手軽にできて

効果的です。

正しい栄養素がとれる食生活

バランスの良い栄養素を食事からとる事で

ストレスを溜め込みにくい体を作る必要があります。

ストレスに対して有効な栄養素は

ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、タンパク質です。

ビタミンB群ビタミンCにストレスを抑える働きがあり

カルシウムやマグネシウムのミネラル成分はイライラするのを抑えたり

精神を安定させてくれる効果が期待できます。

頭皮に栄養を送って髪の毛を元気にしよう!お勧め食材とは?
元気な髪を維持する為には、食生活が基本となります。 偏った食事では頭皮に栄養素が上手く運ばれず そんな食生活が続けば 抜け...

適度な運動、良質な睡眠

ストレス解消法では運動、食事、睡眠が3大疲労回復として有名です。

その中でも運動は、精神的ストレス、身体的ストレスの

2つのストレスを同時に発散、修復してくれるのでお勧めです。

ストレス発散での運動法は有酸素運動がお勧めです。

有酸素運動は名前の通り呼吸をしながらできる、ウォーキングやジョギングなどをさします。

逆に無酸素運動で、不可をかけすぎると疲労感の増加により

ストレスが増えてしまう恐れがありますので要注意です。

有酸素運動で頭をスッキリさせたり、定期的に運動して体力作りとして

取り入れる事が何より重要です。

運動でのストレスに対しての効果は

セロトニンやエンドルフィンなどの神経伝達物質が増加することにより

心や気分がスッキリする効果が期待できます。

また眠っている間は脳がリフレッシュしています。

睡眠時に脳脊髄液(のうせきずいえき)は細胞に浸透し

脳の老廃物を綺麗にしてくれるのです。

良質な睡眠はストレスホルモンを抑制してくれる働きもあります。

そして成長ホルモンをしっかり分泌する為には、深い眠り(良質な睡眠)ノンレム睡眠

の時にしっかり時間を取れる事が大切になってきます。

まとめ

ストレスを溜め込むと自律神経のバランスを崩して様々な悪影響を与えてしまう事が分かったと思います。

まずストレスの原因が解明してみて、原因を取り除けるならそれが一番ですが

無理そうな場合、ストレス発散をするかストレスを溜め込みにくい

体を作っていく事も大切です。

現代社会ではあらゆる所でストレスが渦巻いていますが

うまく付き合っていく事でストレスフリーの毎日を目指しましょう。

シェアする

フォローする