[毛髪]髪の毛の構造と成分、その役割とは?

髪の毛って当たり前のように生えてきて、抜けていくけど

実際どういう構造で何を成分として作られているんだろう

知らなくても良い事だけど、構造や成分、そして役割を知っている事で

抜け毛が多くなった時や、髪の毛が薄くなってしまった時など

どうやって髪の毛が作られているか、構造と成分が分かれば

対処もしやすいですね。

今回は髪の毛の構造と成分について調べてみましょう。

髪の毛の中はどんな構造になっている?

髪の毛の構造は下図のように3つの層で作られています。

メデュラ、コルテックス、キューティクル

どれも聞きなれない言葉ですね、順番に説明していきますね。

メデュラ(髪の毛の約5%)

髪の構成でおおよそ5%の割合を占めるのがメデュラ

一番中心にある層のメデュラは髪の毛のハリやコシの要とも言われているよ。

コルテックス(髪の毛の約80%)

真ん中の層にあるコルテックスは髪の大部分おおよそ80%を占めている。

保湿力が高く、メラニン色素を持っています。

色調や弾力強度に力を貸してくれ更に髪のしなやかさを与えてくれる役割を持っている。

髪の成分と言われるケラチンも主にここで使われているんです。

キューティクル(髪の毛の約15%)

外側の層にあるキューティクルは、髪の毛の約15%を占めていて

髪を保護してくれる役割や艶(ツヤ)や指通りなどにも関係しているんです。

そしてキューティクルの表面に18-MEAと呼ばれる脂質があります。

18-MEAとは

18-MEA(18-メチルエイコサン酸)の事で、髪全体の割合でも1%未満となりますが

毛髪全体のまとまりをよくする働きがあり、髪の艶(ツヤ)や指通りなどに影響します。

更に毛髪の保護膜の皮脂を毛先に運んでくれることで「しなやかさ」を与えてくれる役割もあるんです。

18-MEAは新生毛(新しく生えてきた髪の毛)には必ずある成分ですが、ヘアカラーや

長時間の紫外線などで髪がダメージを受けると約80%の18-MEAが失われてしまいます。

18-MEAが失われると

艶(ツヤ)がなくなり、指通りも悪く

パサつきが目立つようになります。

髪をブリーチしたり、パーマを当てたりしたら髪が痛んで見えるのも

18-MEA減少によるものです。

一度失われた18-MEAは新生毛が生えてくるまで復活する事はありません。

痛んでしまった髪の毛に潤いを戻すためには

18-MEAと似た成分を髪の毛に与えてやるしかありません。

類似18-MEAとして使われている成分では下記図のようなものがあり

美容室などで使われているトリートメントなどに含まれているものもあるようですね。

分岐脂肪酸(c14-28) 脂肪酸(c14-28) クオタニウムー33

ですがあくまで似ている成分というだけで、髪の毛に対して吸着性は弱い為

新しい髪の毛が生えてくるまでトリートメントやシャンプーで補い続ける必要があるんです。

上記の成分が含まれるものは下記のようなものがあります

↓商品画像をクリックで詳細ページにジャンプします↓




髪の毛の構造

髪の毛の構造は上の絵のように3つの層で作られていて
外側からキューティクル(毛小皮)→コルテックス(毛皮質)→メデュラ(毛髄質)
という順番で「卵焼き」のように、層を重ねた構造で髪の毛が出来ていて
キューティクルの周りに18-MEAという脂質が
髪の毛に潤いを与えてくれてるという訳ですね。

髪の毛の成分とは

髪の毛の構造はわかりましたが

実際その髪の毛はどんな成分から作られているのでしょうか?

たんぱく質

髪の毛の成分のおよそ80~90%はたんぱく質で出来ています。

正確には18種類のアミノ酸集合体でケラチンというタンパク質が作られていて

そのケラチンというタンパク質が髪の毛作りの成分となっているんですね。

髪の毛とタンパク質の関係については下記の記事で書いています。

[薄毛]タンパク質が不足・・髪に対するダメージとは?
こんにちはハゲ男です。 髪の毛を成分と言えば忘れてはならないのがタンパク質ですね。 タンパク質が不足してしまうと実は髪に対してダ...

シスチンとは

この髪の主な成分となるケラチンタンパクには「シスチン」というアミノ酸が

全体の約18%と多く含まれていています。

「シスチン」は丈夫な髪の毛、爪などを作る材料となります。

その為シスチンをしっかり摂取する事で、元気な髪の毛作りをする事ができ

薄毛、抜け毛で悩んでいる人は積極的に摂取していく事をお勧めします。

シスチンが含まれる食品って何がある?

シスチンはアミノ酸の1種ですので

肉類、魚介類等の動物性たんぱく質に

多く含まれています。

また次いで豆類や穀類にも含まれています。

 食べ物でシスチンを摂取する事が難しい場合は

サプリメントからも摂取する事が可能です。

ナウフーズ L-システイン 500mg 100タブレット

L-システインは皮膚のケラチンであり

ツメ、髪の重要なコンポーネントである必須アミノ酸です。
L-システインはコラーゲンの形成とプロテインの立体構造の安定をサポートして

その結果、健常な皮膚、髪、釘のきめ、および弾力性を促進します。
L-システインは胃腸の保護的ライニングを強化します。

水分、メラニン、脂質

そして髪の毛の残り成分はおおよそ10%が水分で

メラニン脂質などが3%ほど含まれているんですね。

メラニンには有害な紫外線を吸収して、頭部を守ってくれる働きがあり

脂質には組織や細胞間をつなげる接着剤としての役割があります

髪の構造と成分はわかりましたが、なぜ髪の毛は生えてくるのか?

下記の記事で詳しく書いています。

[薄毛]髪の毛って何で生えてくるの?成長の過程を知ろう!
こんにちはハゲ男です。 髪の量が増えて頭が重たい、抜け毛が増えて頭皮が透けてきた・・ などと、髪の量は常に変化を繰り返しています...

まとめ [毛髪]髪の毛の構造と成分、その役割とは?

・髪の構造はメデュラ、コルテックス、キューティクル

が3層になってできている。

・その表面に18-MEAという髪に潤いを与えてくれる脂質がある。

・髪の毛は主にタンパク質ケラチンで作られている。

・ケラチンに含まれるアミノ酸の1種「シスチン」が

丈夫な髪の毛作りの材料となっている。

髪の毛の構造から毛髪がどんな成分で作られているのか?

そして役割も様々ですね。

大切なのは髪の元になる良質なタンパク質の摂取
そして髪の表面を守ってくれる18-MEAという
脂質の存在ですね。

ヘアカラーやヘアパーマなどお洒落として、やめれないという人もいると思いますが

しっかりトリートメントでケアをする事が大切です。

また紫外線などはしっかり対策をして髪の毛に与えるダメージを

少しでも軽減していきましょう。

[抜け毛]紫外線には要注意!!すぐにできる対策法5選!
紫外線と言えば夏の初め5月から7月が一番多いって知ってました? 真夏の7~8月に暑さを感じてから紫外線対策をしても少し遅いんですね。 ...



シェアする

フォローする