頭皮に栄養を送って髪の毛を元気にしよう!お勧め食材とは?

元気な髪を維持する為には、食生活が基本となります。

偏った食事では頭皮に栄養素が上手く運ばれず

そんな食生活が続けば

抜け毛や白髪に繋がってしまう事もありますね。

そうならない為にも

髪の毛に栄養素をたくさん送ってくれる

素敵な食材を覚えておきましょう。

髪の毛は何から作られているの?

まず髪の毛はどんな成分からできているんでしょうか。

髪って実は皮膚の一部が変化したもので、皮膚や爪などと同じ

ケラチンというタンパク質から作られているんです。

なんと90%以上を占める主成分がケラチンで

髪の毛は、ほぼタンパク質の塊と言ってもいいくらいですね。

わかりやすく説明するとタンパク質は18種類のアミノ酸が繋がり

髪の毛に良いタンパク質毛タンパク質ケラチンとなるんです。

シスチン グルタミン酸 ロイシン アルギニン セリン スレオニン
アルパラギン酸 グリシン バリン アラニン フェニルアラニン イソロイシン
チロシン リジン ヒスチジン メチオニン トリプトファン ヒドロキシプリン
フサ君
これらのアミノ酸が繋がってケラチンというタンパク質が作られているという事だね。

ケラチンとは?

ケラチンは髪や爪、そして皮膚など様々な角質層を形成してくれる成分。

上記の18種類のアミノ酸が繋がってできたタンパク質の総称なんです。

ケラチンには弾力性があって、水分を含む繊維状の細長いタンパク質。

構成するアミノ酸の割合で

髪や爪の硬ケラチンや皮膚の角質層の軟ケラチンに分けられます。

髪の毛の為には頭皮に栄養を送ろう!

髪の毛に栄養をくれる食材とは

卵は髪の毛に必要な4つの成分が含まれている。

ミネラル・セレニウム・鉄・亜鉛

更に髪の主成分ともいえる

タンパク質も豊富に含んでいる。

牡蠣

綺麗な髪作りには欠かせない

亜鉛を多く含んでいます。

髪の主成分のケラチンの合成を促進してくれる。

※亜鉛が不足してしまうとケラチンがうまく作れなくなり

抜け毛、脱毛の原因になったりしてしまうのです。

魚類 鮭(サーモン)イワシ、ニシン、サバ等

高品質なタンパク質、ビタミンB-12

鉄分を多く含むオメガ3脂肪酸が豊富

オメガ3とは髪の毛に必要な栄養素となり、油分と水分を保つ働きがある。

そのオメガ3と髪の主成分のタンパク質を含んでいる。

緑黄色野菜

南瓜(カボチャ)人参、ほうれん草の緑黄色野菜はビタミンを多く含んでいる。

ビタミンA、B、C、E、Fなどを多く含み血行を

良くしてくれ、血流の流れをスムーズにしてくれ頭皮にうまく栄養素を運んでくれる。

鶏肉

豊富なタンパク質、鉄分を多く含んでいる。

更に鶏肉に多く含まれるコラーゲンは

乾燥肌を防ぐ効果が高いので

頭皮の皮脂バランスをコントロール

してくれる働きがある。

リンゴ

カリウムや亜鉛、ビタミンCなどのミネラルを豊富に含んでます。

リンゴに含まれるプロシアニジンという成分が綺麗な髪を育ててくれる効果があります。

更に血液浄化作用や腸内殺菌作用もあり、髪だけでなく体にも嬉しいフルーツです。

乳製品 ヨーグルト等

乳製品に含まれるカルシウムは髪の成長に欠かせません。

更にカルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが悪くなり

髪の生成がうまくできなくなり、抜け毛の原因になる事もある。

カルシウムについて詳しく知りたい人はこちら

[カルシウム]摂取で抜け毛対策って聞いたんだけど本当!?
髪の毛は神経細胞して細胞分裂の結果、神経線維の束が形成してるって言われてるんだ。 と言う事は神経細胞の動きが活発じゃないと、分裂が行われず、元気で太い髪の毛が生成できなくなってしまい結果抜け毛に繋がってしまう可能性があるんだよ。

豆類

主に鉄分、タンパク質、亜鉛と髪に優しい成分が多く含まれている。

その事から元気な髪を作る為には欠かせない

食材の一つ。

わかめも頭皮に栄養を送ってくれる食材の一つだよ

詳しくはこちら

[薄毛]わかめ摂取で発毛効果は本当?間違い?
「わかめをたくさん食べると髪が生えてくるんだって!」 「わかめを毎日食べてたら薄毛が改善したよ!」 「わかめで黒く元気な髪を育てよう!」...

髪の毛の三大要素を覚えておこう!

髪の毛に栄養を送る為には三大要素が必要不可欠です。

タンパク質

上記でもありましたが髪の毛の主成分のタンパク質も三大要素の一つです。

動物性タンパク質は「肉・魚・タマゴ」

植物性のタンパク質は「大豆、豆腐・納豆」

などから摂取可能です。

この2種類のたんぱく質をバランスよく摂取できれば理想ですが

髪の毛を作る為には植物性タンパク質の方が効果は高いです。

その理由は動物性タンパク質は、内臓に脂肪がついてしまい

その結果、血行促進にはマイナスとなってしまいますので

植物性タンパク質の方がお勧めという訳です。

タンパク質について詳しく知りたい人はこちら

[薄毛]タンパク質が不足・・髪に対するダメージとは?
こんにちはハゲ男です。 髪の毛を成分と言えば忘れてはならないのがタンパク質ですね。 タンパク質が不足してしまうと実は髪に対してダ...

亜鉛

亜鉛が髪に良いという話もよく聞きますね。

具体的に何がいいのでしょうか?

髪の毛の主成分はタンパク質ですが

その髪の毛を作る時に必要となる栄養素が亜鉛となるのです。

亜鉛はミネラルの1種でタンパク質から髪を作る働きを

サポートしてくれるという訳ですね。

亜鉛が多く含まれている食材は

牡蠣が何より多く含まれていて

その他にも蟹、スルメ、鰻、レバーなどにも含まれています。

ですが頻繁に食べる事が難しい食材が多い事もありサプリなどから補う方法も

お勧めです。

ビタミン

ビタミンの中でもビオチンは髪の毛の育毛を促進する事には欠かせない一つとなります。

ビオチンとはビタミンB群の一つでビタミンB7やビタミンHなどと呼ばれる事もあります。

ビオチン

毛細血管を太くしてくれる事により、新陳代謝が活発になって

髪の毛と頭皮の健康と寿命を延ばしてくれる働きをしてくれます。

その他にもコラーゲンを生成する力もあるので、美容にも良いとされている。

ビタミンB2

皮膚の健康状態を維持してくれる働きがあるので

ビタミンB2が不足してしまうと頭皮に影響を与えてしまい

痒みやフケなどの原因となってしまう事があります。

ビタミンB6

亜鉛の働きを助けてくれます。

ビタミンB6が不足してしまうと皮膚炎や貧血になる可能性もあり

その結果、頭皮環境の悪化に繋がってしまう事もあるのです。

ビタミンE

血管の拡張作用があって

血管の拡張をする事で血流の流れを良くし

栄養素を頭皮に上手く運んでくれるようになります。

ビタミンEはビタミンCと相性がよく一緒に摂取する事で

吸収率を高めてくれる効果もあります。

ビタミンC

疲労回復や髪の毛にツヤが出るコラーゲンを合成してくれたり

亜鉛の吸収力を高めてくれる効果があります。

ビタミンCが不足すると、血行が悪くなったり、ストレスの原因となる事もありますので

どちらも頭皮にとってマイナスの効果を与えてしまいますね。

 まとめ:髪の毛に栄養を送るお勧め食材とは?

頭皮に栄養を送る為のお勧め食材でした。

日頃よく食べている食材が多かったですね。

・髪の毛の元になっているのタンパク質というケラチンが90%以上を占める

・そのケラチンが髪を作る働きをサポートしてくれるのが亜鉛

・更に健康な頭皮環境を作り出してくれる豊富なビタミン

これらの事から、タンパク質をメインに摂取し

その働きをサポートしてくれる亜鉛やビタミンが髪の毛作りには欠かせない事が

わかったと思います。

どれか一つをたくさん摂取しても効果が薄いので、バランスより摂取する事で

頭皮に栄養を送って元気な髪の毛作りが出来るという事ですね。

シェアする

フォローする