[薄毛]対策 AGAには女性ホルモンを増やせば髪の毛が生えてくる?

こんにちはハゲ男です。

AGA(男性型脱毛症)の原因は

ホルモンバランスの崩れで起こります。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがうまくとれていれば、薄毛になる事もなく

健康な髪のヘアサイクルが維持できると言う事は

髪の毛を育てる要素が高い女性ホルモンを摂取すれば薄毛対策になるのでしょうか?

今回はAGAと女性ホルモンの関係を調べてみたいと思います。

男性ホルモンとは?

一般的には男らしさを強調する為に必要なホルモンとして知られていますが

ハゲ・薄毛・体毛が濃くなってしまうという側面を兼ね備えているのです。

男性ホルモンとは具体的に何なのか?

いくつかある男性ホルモンですが

その中でも95%の多さを持つのが「テストステロン」という男性ホルモンです。

そのテストステロンが多くなると男性としてのメリットが増えますが

その半面デメリットも増えてしまうのが男性ホルモンの特徴です。

メリットとは

・筋力UP、その結果身体能力が高まる
・性機能UP、性欲が増す
・免疫力UP、風邪や病気になりにくくなる
・体力UP、健康な体を維持できる

デメリットとは?

・ヒゲが濃くなったり、体毛が増える
・ハゲや薄毛になりやすい
・汗をかきやすくなる

AGAになってしまう理由

AGAになる理由で有名なのは、この男性ホルモンに多く含まれている

「テストステロン」が酵素の力を受けて「ジヒドロテストステロン」なってしまう事です・

ジヒドロテストステロンの作用とは

テストステロンは標的臓器の5αリダクターゼにより、ジヒドロテストステロン(DHT)へと代謝される。アンドロゲン受容体への結合親和性はDHTの方が高いが、テストステロン自体も結合し標的遺伝子の転写を活性化する。

テストステロン自体には禿げを起こす作用はなく、DHTに代謝されることで初めて薄毛、性欲減退を促す作用が出る。5αリダクターゼの分泌量は遺伝が関係しているため、遺伝的要因による禿げが存在すると言われる

出典:ウィキペディア

AGAの詳しい説明は下記の記事で書いています。

[薄毛]の源?AGA(エージーエー)って何の事?
こんにちは、ハゲ男です。 薄毛で悩みを抱えている人ならば一度は聞いた事あるこの「AGA」と言う言葉 実際はどういう意味なんだろう...

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは具体的に何なのか?

女性ホルモンは男性ホルモンと違い代表的なホルモンが2種類あって

その一つはエストロゲンです。

生理終了後から排卵期の間に分泌量が多くなるホルモンとなり

子宮内膜厚くし妊娠に備える働きを持っています。

またそれ以外にも基礎代謝を下げる働きもあるようです。

もう一つはプロゲステロンです。

この女性ホルモンは排卵後から次の整理にかけて分泌量が増えやすいです。

妊娠できる状態を持続させる役割を持っています。

妊娠後では赤ちゃんの成長を助けるために子宮内環境を整える役割があったり

食欲を増進させる働きもあるようです。

それでは女性ホルモンがあるとどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか

メリット

・髪の毛の成長をサポートする

・血流の流れを改善してくれる

・自律神経を正してくれる

デメリット

・体が疲れやすくなる

・感情的に弱くなる

・男性的な性欲がなくなる

・全身の筋肉が減少する

女性ホルモンを摂取する事による副作用とは

男性が女性ホルモンを取り入れようとすると体が女性化してしまうというリスクが伴います。

具体的には声質が変わってしまったり

性欲減退、また乳房が膨らんでくることもあるようです。

つまり男性が必要以上の女性ホルモンを摂取すると

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが女性のホルモンに傾き

結果、男性的な特徴が失われ、女性らしさにシフトしていくというわけです。

まとめ AGAには女性ホルモンを増やせば髪は生える?

結論しては女性ホルモンの摂取で髪の成長を促しやすい体に持っていく事は可能です。

しかし女性ホルモンを摂取する事で、体が女性化してしまう事もあるし

内面的な変化をしてしまう可能性もあるので要注意です。

その事から、女性ホルモンを増やせば髪が生える?

というクエッションはNOと言わざるおえませんね。

女性ホルモンを増やしてバランスをうまくコントロールする事ができれば

髪の毛に対してプラス要素がありますが、髪の毛以外の場所での要素が大きく

とてもお勧めできる、方法とは言えません。

髪の毛を作る為に一番重要な事は

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがとれている事です。

その事から、髪を増やそうとして女性ホルモンを摂取してもバランスを崩してしまうと

髪の成長を逆に阻止してしまう事もあり、逆効果になってしまう事もあるのです。

フォローする