帽子好きにハゲが多いって本当?実は知らない正しい帽子の被り方とは

こんにちはハゲ男です。

お洒落をする為に、頭を守る為に

はたまた薄毛を隠すために、帽子は人生において切っても切り離せないアイテムの一つ

と言う人も多いのではないでしょうか?

しかし帽子を被る事で、頭が蒸れて細菌が繁殖したり、血流を悪くしてしまうと

頭皮にとってはよくありません。

では実際問題、帽子を毎日被っていたり、ヘルメットを仕事やバイクなどでつけている人は

薄毛、ハゲに繋がりやすいのか?

結論から言うと帽子を被るからハゲるのでなく、正しい被り方、正しいケアをしないから

薄毛ハゲに繋がるのです。

帽子は逆に頭皮を守る効果がありますし、

薄毛ハゲにならない為に作用する要素の方が大きいのです。

それは一体どういった理由からでしょうか?

今回は薄毛と帽子の関係性を調べていこうと思います。

ハゲ男
帽子を被る方が薄毛に対して優しいとな?
フサ君
本来帽子の役割は頭を守る為だしね、じゃあ帽子の正しい被り方について教えてあげるね。

帽子とハゲの関係性を徹底追及

Q.帽子は頭皮にダメージを与えるのか?

A.帽子が頭皮にダメージを与えるわけではありません。

間違った被り方をしてしまうと、蒸れ、圧迫などによって頭皮によくない

ダメージとなってしまうのです。

Q.帽子の蒸れによる頭皮へのダメージとは?

A.帽子を被る事で頭が蒸れてしまうと細菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

汗による細菌は炎症、かゆみ、フケなどの原因となり、頭皮環境を悪化させてしまうのです。

Q.実際問題、帽子でハゲになるのか?

A.実際の所、帽子=ハゲでないのが現状です。

ただ長時間被っている、室内でも被っていたり、寝る時以外は帽子を着用しているなど

圧迫状態が続く事は好ましくありません。

通気性も大切です、適度に帽子を外して常に頭皮の状態をフレッシュな状態にしておく事が

とても大切です。

Q.蒸れからくる菌とは?

A.頭皮環境を悪化させたままの状態が続くとアクネ菌や黄色ブドウ球菌などが繁殖しやすい状態となってしまいます。

これらの菌が長時間、頭皮の中で増え続けると炎症をおこしたり、頭皮環境を崩してしまう原因となってしまうのです。

その事から、帽子やヘルメットを長時間着用する事はあまりお勧めしません。

適度に通気性を持たせる為にも、帽子の被り直しや、サイズが少し大きめを選ぶなど

頭に優しい帽子選びも重要です。

帽子を被ってても出来る頭皮ケア

帽子を脱いだ後のケアが大切

何よりも1日の終わりに頭皮についた汚れ、蒸れで溜まってしまった細菌などを

綺麗に洗い流す事が重要です。

帽子で圧迫された頭をリラックスさせる効果もありますし、いくら疲れていても

そのまま寝てしまう、そんな日が続けば抜け毛に繋がる可能性が多いに高いですね。

紫外線対策では帽子の色も事も考えよう

帽子を被れば紫外線対策になる事は間違いないですが

より効果を上げようと思ったら帽子の色の事も忘れないでくださいね。

この帽子カラーを変えるだけでも実は紫外線カット率が違うんですよ。

わかりやすく紫外線を通しにくい順に並べると

黒(ブラック)→赤や青(レッドブルー)→黄色(イエロー)→白(ホワイト)

となっています。

しかし、黒色は熱や日差しを吸収してしまう効果もありますので、蒸れやすくなるというデメリットも兼ね備えてます。

その事から、ベストの帽子色は

内側が黒などの濃い色で外側が白っぽい薄い色だったら最高ですね。

ハゲ男
黒が日差しを吸収するのは知っておったが紫外線のカット率は知らなんだ・・
フサ君
そうなんだ、更に通気性や圧迫感の少ない帽子を選べたら最高だね

帽子選びはサイズが重要

自分にあった帽子選びというのも重要です。

人それぞれ頭のサイズは違います、帽子のサイズも様々です。

帽子選びの上で

お勧めは1ランク上のサイズ選びです。

もちろんヘルメットや仕事で使う帽子の場合は

適正なサイズを選んだ方が安全上いいですが

プライベートタイムで使う帽子に関しては、少し大きめを被る事で通気性を持たせる事が

できますし、頭への圧迫感を少なくする事で蒸れにくい環境を作る事ができるんです。

季節毎の帽子の衣替え

帽子のサイズ選びも重要ですが、季節によっての衣替えも大切です。

真夏にニット帽を被っていてはすぐに汗で蒸れて、大変ですよね。

夏場はこのようなメッシュタイプの

通気性重視したタイプがお勧めです。

キャップのメリットはなんといっても

お洒落重視、更に長いツバで顔の日焼け防止も

ありますね。

 また、このような麦わら帽子タイプも大き目のサイズとなっていますので、被るというより頭に乗せる感覚で使えるのもメリットの一つです。

結果圧迫感が少なく通気性を得られるという二つの利点があるんですね。

そのような事を意識しながら帽子選びをすると頭皮に対しても優しい帽子ライフが過ごせると思いますよ。

ハゲ男
メッシュタイプってなんかダサいと思っておったが時代のおかげか、かっこいい帽子も増えたのぉ

帽子のメリット、デメリット

帽子のメリットランキング

1位

紫外線から守ってくれる。

外にでて歩いていると紫外線のダメージを受けやすのは頭です。

髪を生成する元となる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく作用しなくなると

抜け毛の原因になるだけでなく、髪を作る機能が低下してしまうので

薄毛の原因となる可能性が高まります。

更に頭皮中にある毛根には髪の毛を黒くする細胞あって

紫外線のダメージでその細胞が破壊されることで

白髪がに変わってしまうとも言われています。

2位

寒さからくる血行不良を防いでくれる。

頭皮が冷気で冷えてしまうと毛細血管が収縮して血行不良になりやすくなります。

その結果、血流の流れが悪くなり頭皮にうまく栄養を運べなくなり髪の成長サイクルを狂わせてしまうのです。

3位

薄毛治療中でもハゲを隠せる、お洒落ができる。

薄毛だと一目を気にしてしまい外出事に対して億劫になってしまいがちですよね。

そんな時に帽子を被れば、一目を気にするどころかお洒落もできて

自信をもって外出できますね。

帽子のデメリットランキング

1位

帽子の締め付けによる蒸れ

蒸れた時間が長く続いてしまうと、頭皮に溜まったフケ等の老廃物が皮脂と混ざってしまい

角栓よばれる油に変化し、毛穴がつまり抜け毛の原因になりえます

2位

長時間の帽子着用による細菌量の増加

帽子着用の汗などで頭皮が蒸れると細菌が繁殖しやすい環境になってしまい、

更に頭を圧迫している時間が長くなると血行が悪くなってしまいます。

その結果薄毛のリスクに繋がってしまう可能性があるというこです。

3位

帽子の抑え込みによる髪型の変形

いくら髪型をセットしていも帽子をかぶってしまうと、上から押さえつける事になりますので

ヘアスタイルの維持はかなり難しいです。

大き目のサイズの帽子を載せるように使えばある程度の維持は可能ですが

薄毛、ハゲの人の場合、元々少ない髪の量を更に抑え込んでしまう為

余計に薄毛に見えてしまうといった事もありますね。

対策としては、圧迫感を与えない帽子選びです。

緩やかにスマートに被れるハットタイプだったら、抑え込む力も少ないでしょう。

感覚は頭にチョコンと乗せる感じですね。

ハゲ男
なるほど、風で飛んでいってしまう事を恐れてキツメの帽子を選んでおったが頭皮に対してはマイナスじゃなったな・・
フサ君
帽子はプラス要素が多いけど、蒸れや圧迫に関してはマイナスとなってしまう場合もあるんだ

まとめ 帽子とハゲの関係性は?

まず帽子を被るという事は

頭を守るという大切な役目がある事を忘れてはいけません。

「帽子やヘルメット」

それは事故の際に頭を守るだけではなく、紫外線からのダメージを軽減してくれたり

頭皮の日焼け防止、汚れや異物が髪につかないように守ってくれる。

帽子とはそんな機能を秘めた万能のアイテムなんです。

使い方、使用後のケアさえ怠らなければ帽子でハゲるという事はありません。

むしろ頭皮にとってプラスになる事が多いんですね。

そして忘れてはいけないのが帽子選びの際に大事な事

通気性が良い素材の物を選ぶ事

・圧迫感が少ないワンランク上のサイズを選ぶ事

長時間使用を避ける事と使用後のケア 通気性が良い素材 圧迫感の少ない帽子

この4点をしっかり守って帽子ライフを楽しめば、薄毛ハゲに繋がるというよりも

薄毛ハゲを守ってくれる頼もしい存在となってくれるでしょう。

フォローする