[湯シャン]頭がかゆくて辛すぎる 正しい洗い方[ノープー]

こんにちはハゲ男です。

話題の湯シャンにかなり乗り遅れながらもチャレンジ中なのだけど、フケがでてきたり、痒くなったり大変。
けど抜け毛に効果があるなら続けたい。

フサ君に湯シャンのイロハを聞いてみた。

ハゲ男
湯シャンが抜け毛に効果的ってよく見るから初めてみたんだけどかゆくて辛すぎる。。
フサ君
流行りのノープーね。ただお湯でガシガシ洗ってるんじゃないのかな?
ハゲ男
だってシャンプーがない分、力いれないと汚れが落ちないし、なんとなくスッキリしないんだよね
フサ君
だからハゲるんじゃない?というのは置いといて、湯シャンにも正確な手順があるから簡単に教えてあげるね

巷でよく聞く湯シャン(ノープー)ですがやり方を間違えると逆効果

でもしっかりした順序で行えば抜け毛対策や、頭皮にとってプラス効果がある作用も大きいんだ。

シャンプーが当たり前になっている人はビックリするかもしれないけれど

水やお湯だけでも7割~8割の汚れは落とせるんだ。

しかも残り2割~3割の皮脂は人間にとって必要な汚れなんだ。

ハゲ男
必要な汚れ?なんかうまく騙されてる気がするんだが・・
フサ君

わかりやすく言うと鼻毛とかって全部抜いちゃったら

鼻の中にばい菌がたくさん入ってしまうよね。

だから必要最低限は残してあげるのは良いことなんだよ

ハゲ男
なるほど、つまり頭を守ってくれる脂を毛に例えてるんだね
フサ君
そうだけど、なぜそんなドヤ顔

湯シャンであれば適度に皮脂を残すことができるんだ。

シャンプーの使い過ぎで必要な皮脂まで洗い流してしまうと

頭皮の状態が乾燥して悪化しちゃうんだよね

湯シャンって頭皮に対して優しいんだけど、

シャンプーを使っていた人が急に湯シャンをすると髪を触ったときのゴワゴワ感が

不快に感じてしまう人もいるかもしれないね。
けどそれって頭皮の皮脂が必要最低限しっかり残ってて

頭が少し重く感じちゃうからなんだよね

湯シャンに向いてない人

逆に湯シャンをお勧めしない人もいるよ。

整髪剤、ワックス、ムースなどで毎日セットしている人

湯シャンだけでは油分を

必要分落としきるのが困難なんだ。

もちろん時間をかければ落とせるんだけどね。

長時間の湯シャンをしてしまうと

必要な皮脂も落としてしまう為

お勧めできないね。

ニオイ、清潔感に敏感な人

頭皮から分泌される皮脂は、時間が経過すると酸化して

ニオイの原因になります。
湯シャンですすぎが足りていないと

古い皮脂が落としきれずニオイの元となってしまいます。

体臭は自分ではわかりにくいので気になる場合は

仲のいい友人か家族などに聞いてみるのがいいでしょう。

個人差があるけど、ニオイって加齢臭のように人それぞれ違うものだし

元々持っているニオイが髪のニオイと混ざって異臭になってしまうパターンもあるからね。
また湯シャンをしているとある程度の期間でフケが発生してしまったりする事もあるので

清潔感に厳しい人には湯シャンは抵抗があるかもね。

ハゲ男
加齢臭と髪のニオイでダブルパンチの悪臭が生まれるのか・・
フサ君
上にも書いてるけど個人差があるからね!

もちろん正しい湯シャン方法を継続して続けてればニオイもフケも

必要最低限に抑える事も可能なんだ

湯シャンの適切な時間は3分~5分なんだよね

これ以上の時間になってしまうと

皮脂を落としすぎてしまう可能性がある。
湯シャンはシャンプーのような洗浄力がない分、手間をかける必要があるんだ。

ハゲ男
2分くらいで湯シャン終わってたけど短すぎるのかね?
フサ君
髪の量によって時間は様々だと思うけど、しっかり頭皮を洗えてるんだったら問題ないよ!

時間をかけすぎて頭皮の皮脂を落としすぎるのだけは気をつけよう

湯シャン時の注意ポイント

お湯の温度が高すぎない事 34~38℃ 

季節によって切り替え

暑い夏は34℃で湯シャンして快適だけど

冬場に38℃での湯シャンは少し

肌寒いはず、湯シャンで風邪引いてたら

本末転倒だから寒くない熱すぎない

湯温を調整していこう。

覚えていてほしいのはぬるま湯で洗う方法が最も効果が高いんだよね。

高い湯温の場合、大切な皮脂を溶かしてしまう可能性があり

保湿機能が低下しちゃうんだよね。

40℃をこえるお湯だと皮脂や保湿成分がとれすぎる恐れがあるので、
特に敏感肌の方はぬるめのお湯で洗うのがおすすめです。

何より大事なのは自分の髪のコンディションと相談しながら続けてみる事だね。

急にシャンプーを全く使わないようにするのではなく、週に半分くらいから初めて

少しずつ日数を減らしていったり。

無理をしてストレスをためても髪には悪影響しかないからね。

ハゲ男
なるほどなるほど、急にシャンプー脱したから、かゆくてハゲたのか。
フサ君
何か色々おかしいけど、しっかり手順通りに湯シャンすれば痒さは軽減するはずだよ

湯シャンをする上で重要な事

ヘアブラシってただ単に髪通りをよくするだけでなく

ある程度の皮脂を落とすのにも有効なんだ。

お湯で洗うまえにヘアブラシでといでおけば、事前に皮脂を落としておけるだけなく、

髪通りもよくなるのでお湯で洗う時も一層汚れが落ちやすくなります。

湯シャンの正しい手順

①湯シャンの前に髪表面についているホコリ

遺物等をクシやブラッシングにて落とす。

ここが最重要、時間をかけて丁寧にブラッシングする事で湯シャン時に時間をかけないで汚れを落とす事ができるんだ。

③湯シャン時は、ぬるま湯、熱すぎない温度で3~5分をかけて爪をたてずに丁寧に洗う

また湯シャン時にブラッシングするのも有効だから、洗う前と湯シャン専用のヘアブラシを

用意しておくと、より効果的だね。
また湯シャンは時間がかかりすぎてもNG長くても10分以内でおさめよう

④生乾き状態は、菌繁殖の原因でかゆみに繋がってしまうので湯シャン後はタオルドライで優しく水分をふき取って、熱すぎない適温でドライヤーでしっかりと乾かすことも重要だよ。

ハゲ男
ブラッシングなんてしてなかった、指オンリーだったよ。なんか湯シャンを全くわかっていなかったみたいだ
フサ君
わかってもらえたみたいで嬉しいよ

湯シャンで頭がかゆくなってしまう理由

髪 頭皮を触りすぎてしまっている。
日常色々なものを触っている手は細菌だらけです
そんな手で頭を触ってしまうとかゆみや炎症の元となる場合が多いです。
髪を触る場合は手を洗うなど清潔な状態を心がけましょう。

ガシガシとこすりすぎている。
湯シャンの時に力が入りすぎて頭皮を傷つけているケース
刺激を受けた場所は時間がたってから炎症を起こしかゆくなる事があります。
そして治癒していく中でまたムズムズして、かゆくなってしまうんだ。

ハゲ男
そういう事か、ハゲている部分が気になって四六時中触ってたかもしれん・・

フサ君
手には思わぬ汚れがたくさんついているからね。気になる気持ちはわかるけど、頭皮の事を思うなら清潔の状態で触るように心がけよう

湯シャンでのメリット

コストがかからない!

シャンプーとリンス、トリートメント、整髪剤などの費用が一切かからない。
これってとっても大きいよね、尚且つ頭皮に優しい

必要最低限の皮脂を残すことができるので艶でやや重ための質感に仕上がる。

湯シャンは頭皮を活性化する、頭皮を最善の状態に保てるのもうれしいね。

湯シャンでのデメリット

ワックス スプレーなどスタイリング剤でのお洒落ができない。

シャンプーのいい香り コンディショナーの潤い艶は作れない。
紫外線やヘアカラーやアイロン等で髪にダメージがある方は

湯シャンでは髪のダメージが進行してしまう恐れがある
ニオイ、フケ、清潔感などに対してマイナスになる事が多い

湯シャン体験談

薄毛というほどではないのですが、髪が細い、生え際がなんとなく薄く感じる、抜け毛が多い日があるので、長年にわたり高いシャンプーに使ったり、石鹸シャンプーにしたり、たまに育毛剤を使用してみたりしましたが、ほとんど効果は感じませんでした。

そこで、湯シャンというものを知り、約4か月前くらいから試した所、驚きの効果に正直びっくりしています。

私が効果として感じたのは
1.抜け毛が半分もしくはそれ以上に減った。

2.細い抜け毛が少なくなった。
3.手でかきあげたときなどボリュームを感じるようになった(髪が多い方みたいなので、髪が増えたのかはわかりません)

4.整髪料をつけなくても手ぐしでセットできるようになった(5滴ほどオリーブオイルを使用時もあります)
5.生え際に産毛が生えてきたような気がする。

6.頭皮の赤みが消えた。
7.髪のパサつきがなくなりしっとりしている。

8.静電気がまったく起きなくなった。
などです。  出典:Yahoo!知恵袋

ハゲ男
なるほど、しっかり手順や注意点に気をつけて湯シャンすれば痒み軽減できるんだね。俄然やる気がでてきたぞ
フサ君
それはよかった、季節によって湯シャンが厳しい場合もあるから無理はしすぎない事が最重要だよ
ハゲ男
ありがとうフサ君、浮いたシャンプー代でヘアブラシでも買ってくるとするよ

まとめ 正しい湯シャンの洗い方[ノープー]

何をする場合でもそうだけど、やり方を一つ間違えてしまうと効果半減してしまったり

逆効果になってしまったりする事があるよね。
湯シャンも同じ、しっかりとした手順で洗う事ができれば痒みやフケ、ニオイなどに悩まされず抜け毛対策や、肌荒れ対策に繋がるんだよね。

湯シャンの心得 まとめ

①シャワー前の丁寧なブラッシングで異物汚れを時間をかけてしっかりとる。

(テレビ見ながらとか音楽聞きながらリラックスしてやるのがいいね)
②湯シャンの温度はぬるま湯が基本 熱すぎると頭皮の皮脂が全部流れてしまって逆効果

(35~38℃がベストな温度)ただし冬場などは寒くない温度に調整しながら自分の体にあった

湯シャンを心がけよう
③湯シャン後は優しくタオルドライをしよう。

そしてしっかりドライヤーで乾かそう

(ドライヤーも近くで当てすぎると結構高温なのでしっかり距離をもって乾かす事も重要だね。頭皮に刺激を与えすぎない事を常に意識していくと湯温やタオルドライなども気をつかえていいかもしれないね)

④湯シャンがどうしても辛い場合や、痒みフケ、ニオイに太刀打ちできない場合は無理して続ける必要はない、二日に一回にしてみたり、痒みやニオイを感じてきたらシャンプーを使うといったように臨機応変に対応していく事も必要。

何より気持ちよく続けられるのが大切な事だから無理をせずにしっかりとした正しい洗い方で湯シャンをしていこう!

シェアする

フォローする